忍者ブログ
コレはいいよ!と言っているミモザ広報部



支社間でのFAX送受信が多い法人様
普段FAXを利用しないがFAX番号が必要な法人様

インターネットFAXなら【Message+】
いつでもどこでもFAX確認できる!
留守電機能が付いているのはMessage+だけ!






日本のビジネスに特化したMADE IN JAPAN
「安心」「信頼」のインターネットFAXサービス。

インターネット環境さえあれば、パソコンでも
スマホでもFAX確認・送受信ができます。

メッセージプラス宛に届いたメッセージ(音声)を
パソコン・スマホ等でどこでも聞くことができる
留守番電話サービス付き。

送られてきたFAXに直接手書きで書き込んで
そのまま送信することもできます。

多彩なメリットを1つに凝縮した、次世代型
ビジネスツール「メッセージプラス」。

多忙なあなたのビジネスライフをサポート致します!

メッセージプラス特徴

これだけの機能を標準装備していながら月額950円
年払いなら実質月額792円とコスト面も抑えられる。

受信料は完全無料(枚数制限なし)。

メッセージプラス同士ならば送信も無料になります。
他社商品に比べても価格面で優位性があります。

◆料金

月払い:初回登録事務手数料1,000円、
月額利用料950円※初月無料

年払い:初回事務登録手数料0円、年間利用料9,500円
(10ヵ月分の料金で12ヵ月分利用可能。月額利用料で
換算すると792円と毎月185円お得)

更に初回FAX送信200枚分のサービスポイント付き。

クレジット払いのみが対象となります。






《今日は何の日?!》トイレの日!

「11(いい)10(ト)イレ」ということで、
日本トイレ協会が制定したそうです。

日本では、一般家庭にも普及している
ウォシュレットですが、外国人から見たら
超ビックリのハイテク便器のようです!

海外では
日本のトイレには、コンピューターが
付いてるって話題になっているそうです。

ハイテクすぎてどのボタンが何なのか
戸惑うこともありますね(笑)。

そういえば、「トイレの神様」という
歌がありましたね。

実際、日本には「万の神」と称して古来
より神が宿ると信じられ、トイレの神様
こと厠神は農産物を収穫する任務を持つ
と考えられていたため、日本人はほかの
神々と同じく、厠神を大切に祀ったとか。

トイレがキレイだと快適に過ごせるのは
昔からの慣習によるのかもしれませんね。

トイレをピカピカにして良いことありますように♪




トイレのつまりにお悩みの方は
水道救急センターにおまかせ 

水漏れやトイレのつまり・水漏れにお悩みの方は
水道救急センターにおまかせください。
24時間365日いつでも受付
・最短30分ですぐに駆けつけます。

水道救急センターは
【1級建築士取得店】 【給水装置工事主任技術者取得店】
なので、水まわりのトラブル全般に対応できます。

当社はお客様の安心と安全をお約束するため、
PL保険(生産物賠償責任保険)に加入しています

出張料金やお見積り料金も一切不要!
水道局指定工事店として34万件以上の実績で
お客様からも高い信頼を得ています。

水回りで困った時はいつでもお気軽にご相談ください。






ふくらはぎは、栄養や酸素、免疫物など健康を維持する
新鮮な血液を心臓から足先へ 、また反対に、足先から
心臓に汚れた血液を押し戻すポンプの役目をしています。

冷えると、筋肉が収縮して血流が悪くなり、
足先の冷えを起こします。

足先に伸びるふくらはぎの血管を冷やさず
締め付けず、保温する事です。


PR
ブログ内検索
最新記事
(09/29)
(09/18)
(09/18)
(08/19)
(07/31)
(07/31)
(07/29)
(07/29)
(07/20)
(07/19)
(07/18)
(06/29)
(06/18)
(05/15)
(05/09)
(04/15)
(02/02)
(12/23)
(12/02)
(11/27)
(05/23)
(05/18)
(05/13)
(04/23)
(03/31)
フリーエリア
























a

b









カテゴリー
バーコード
最古記事
(10/15)
(10/15)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/19)
(10/20)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/25)
フリーエリア
忍者ブログ [PR]